日立の業務用エアコンについて

日立の業務用エアコンについて

日立の業務用エアコンを導入している店舗やオフィスがありますが、日立の業務用エアコンの特徴とはどのようなものなのでしょうか?日立の業務用エアコンでよく知られているのが省エネの達人プレミアムというものです。これは名前からも想像することが出来るように、高い省エネ性、快適性に優れているものになります。また、冷房の場合には外気温が50℃まで冷房運転をすることが出来ます。また、寒い冬には-7℃まで暖房運転を行うことが出来ます。

 

さらに、機種によってですが凍結洗浄という機能がついています。これは、熱交換器をわざと凍らせて霜をつけます。そしてそれを溶かし汚れを一緒に落とすというもので、これによって目詰まりをしないようにして、長く快適に使えるようにしています。

 

寒冷地向けの商品にも力を入れていて、寒さ知らずというものがあります。この特徴としては、温風が出るまでが早いということです。寒い寒冷地でも早く部屋を暖めることが出来ます。また、オプションとして防雪フードやドレンパンヒーターなども準備されています。寒冷地でも安心して暖房を使うことが出来るのが大きな魅力です。ナイトシフトモードや運転音低減モードもあり、省エネはもちろん運転する際の音を軽減することが可能です。

業務用エアコンの依頼でトラブルにならないための豆知識

真空引きをちゃんと行う業務用エアコン業者に依頼しよう

 

業務用エアコンを取り付ける際に重要なのが、真空引きです。エアパージなどとも言われますが、これはそもそもなんのために行なっているのでしょうか?これは、簡単に言うと業務用エアコンの配管内を乾燥させるために行います。配管内の空気、水などを乾燥させて取り除くために行います。この作業をしっかりと行うかどうかが非常に大切なことなのです。

 

この真空引きをしっかりと行なっていないと、せっかく新しく設置した業務用エアコンが故障してしまうなどということにもなりかねません。業者によっては、作業時間を短縮するために真空引きを行わずに終了してしまうなどというところもあります。ただし、業務用エアコンのそれぞれのメーカーの説明書などには、しっかりと気密試験や真空引きを行うように記載されています。業務用エアコンの場合には説明書に従って一定の時間真空引きを行うことが非常に大切です。

 

真空引きは真空ポンプを使って行われるのが一般的です。真空引きは必ず一定の時間行う必要がありますので、気密試験とあわせてしっかりと真空引きを行なっている業者に業務用エアコンの設置を依頼するようにしましょう。ぜひ、参考にしてみてください。

 

業務用エアコンの現地調査について

 

業務用エアコンを入れ替える、新設するという場合にはまず業者に見積りを依頼します。正確な見積りを出すためには、現地調査を行い状況の確認を行う必要があります。現地調査にかかる時間についてですが、入れ替えの場合と新設の場合には時間が異なります。一般的には現地調査にかかる時間は約30分〜60分程度と考えておきましょう。

 

現地調査では、どのような確認を行うのでしょうか?現地調査では、入れ替えの場合には既存の業務用エアコンの状況の確認、内機であれば寸法の確認、配線状況の確認、ブレーカーの容量などの確認などを行ないます。とくに、入れ替えの場合には既存の配管や配線などが再利用できるかどうかもチェックを行います。

 

新設の場合にも同じように、業務用エアコンの設置場所、配管ルートの確認、電源の配線ルートの確認、その他必要部材の確認、依頼者の要望の確認などを行なっていきます。現地調査についてですが、業者によって無料で行っているというところと、有料で行っているところがあります。業者に現地調査を依頼する際には、現地調査が無料なのか?それとも有料なのかもしっかりと確認しておくとトラブルが少なくなりますよ。

 

業務用エアコンの効きが悪いと感じた場合にチェックしたいポイントとは

 

業務用エアコンの暖房、冷房が以前よりも効かなくなったと感じるケースがあります。そのような場合に、チェックしておきたいポイントについてお知らせします。まず、確認しておきたいのが運転モードが適切であるかということです。運転モードは機種によって異なりますが、冷房、暖房、自動、ドライ、送風などというモードに分かれているという場合がほとんどです。

 

自分が使用したい運転モードになっていないという場合には、効きが悪いと感じてしまいます。運転モードをチェックしてみましょう。運転モードはほとんどの場合、リモコンに表示されているのですぐにわかります。それから、設定温度にも注意しておきましょう。リモコンであらかじめ設定された温度に到達するとそれ以上冷えない、暖まらないように制御します。設定温度を変更することで、この問題を解決することが出来ます。

 

また、意外と知られていないのが風向が下向きになっているなどの場合です。このような場合には十分な効果を得ることが出来ないので、部屋全体を冷やす、暖めるという場合には風向を自動もしくは水平に設定するのがおすすめです。風向がどうなっているかもチェックしておきましょう。

どのメーカーの業務用エアコンでもリース契約で取り付け可能

業務用エアコンのリース契約をご存じですか?業務用エアコンのリースなら初期費用を抑えて取付できます。購入以外にリースや中古業務用エアコンといった選択もありますので検討してみましょう。

業務用エアコントピックス

パナソニックの業務用エアコンについて
業務用エアコン
業務用エアコンのメーカーの中には、パナソニックがありますが、このパナソニックの業務用エアコンの特徴とはいったいどのようなものなのでしょうか?
東芝の業務用エアコンについて   
業務用エアコン
業務用エアコンのメーカーは、ダイキンや三菱、日立、パナソニックなどがありますがその中でも人気が急上昇しているのが東芝です。
日立の業務用エアコンについて   
業務用エアコン
日立の業務用エアコンを導入している店舗やオフィスがありますが、日立の業務用エアコンの特徴とはどのようなものなのでしょうか?
三菱重工の業務用エアコンについて 
業務用エアコン
三菱重工の業務用エアコンは、工場や店舗などで利用されているケースが多いです。そんな三菱重工の業務用エアコンの特徴として挙げておきたい...
更新履歴
page top